中禅寺湖 Round4

6月10日
久しぶりの6月の中禅寺、新緑が美しい季節。
6月の釣りは久しぶりだなぁなどと思いながら、
今期4回目のいろは坂を駆け上がってきました。

かの地での5月の釣りは、毛針を遠投して引っ張る釣り。
しかし6月は水温や食性の変化、釣り人のプレッシャーなど、
複合的な要因で引っ張りでは釣りにくくなる季節。
私が苦手としている、浮かせて待つスタイルが求められる時期だ。

image1.jpg


今回はのんびりした釣りになるだろうと、
くるまやさんを見習い途中のコンビニでビールを買ってポイントへ。
友人Sと現場で合流するも、風吹かず日差しはきつい。
「こりゃあダメだ」と朝6時過ぎからビールを空け、湖畔で朝寝。
すると水死体というポイントに入った友人Hから
こんな写真が続々と…
気持ちは焦るが水中からはなんの反応もなく、時間ばかりが過ぎていく。

止水での浮き物の釣りは屈斜路湖で
それなりに経験しているけど、わからないことばかりだ。
20年以上この釣りをしているのに、まだまだだなぁ。
魚を見つけて釣るサイトフィッシングが得意な人、
常に新しいメソッドを模索してトライ&エラーを繰り返す人。
周りにはすばらしい腕を持つ人が多く、
参考にできることも数多あるはずなのに。
なかなか自分の得意分野から脱却できないのは大きな反省点。
という反省を胸に、今回も完敗を喰らったのであります。

image2.jpg


というわけで、今年の中禅寺湖はこれにておしまい。
今年も事故無く、楽しくすごせてよかった。
ありがとう、中禅の神様。
これから夏に向け、のんびり渓流と海で遊びます。
あ、音楽活動も、釣りで遅れた分しっかりやらなきゃ。
目標がいっぱいあるって嬉しいなぁ。
スポンサーサイト

中禅寺湖 Round3

5月21日

「ああ、今日もやっとるわい」
カウントダウンの最中、空を見上げると、
カラスとトンビが喧嘩の真っ最中。
調べてみるとモビングという行動らしい。


この2羽の空中戦は眺めていて実に興味深い。
たいていの場合しつこく攻撃するのはカラスの方。
トンビは面倒くさそうにそれをかわし、時に威嚇する。
でも、お互い本気は出してないようで、大事に至ったり
墜落したりしたのは見た事がない。

カラスが賢いのは周知の事実だが、
岸に置いた釣り人の鞄の中に入ってるお弁当も狙ってくる。
ベルクロで止めるくらいの簡単な袋だと、
やつら器用に鞄をあけ食料を失敬していくのだ。
立ちこんでいる釣り人は、早々に陸に上がって来れないことを知っているみたい。

トンビもなかなか図々しくて、以前石川県の観光地で
イカ焼きを食べながら歩いていたら、
急降下してきたトンビに手に持ったイカを奪われた事がある。
友人にも同様の経験をした人がいるようだ。
春先に中禅寺湖に出かける機会があったら、
国道120号沿いの湖畔で、ぜひ空を見上げてみてほしい。
きっと彼らの空中戦が見られるから。

ああ、鳥の話題しか書く事がない。
察してください、ネタがないんだもの(涙)。

IMG_0952.jpg


前日より続く夏日だった5月21日、丸山。
非の打ち所がないピーカン。
湖畔にはセキレイが遊び、空では空中戦。
実にのどかだ。
水中ものどかなもので、鳥を眺めて終わった1日だった。
完膚なきまで叩きのめされ、16時に下山。
久しぶりにはげまくった1日でした。

おしまい。

中禅寺湖Round2

5月14日

青森の友人がコシアブラを送ってくれた。
新鮮なうちに食べた方が美味しいに決まっているので、
急遽、家族と近所の飲み友と昼から天ぷら大会。
当然、日本酒など飲んでしまい、出発が大幅に遅くなった。
でも、これが結果オーライになるとは。

朝4時、大島商店着。
友人Sさんからの情報では、山側はもう混み混みだそう。
遅くなったせいで、狙ってたポイントは当然入れないだろう。
それならと、ユルユル国道を目指す。
とは言うものの、この時間じゃいいポイントに入れる訳もなく、
「まぁいいか」と適当なB級ポイントへ。

朝7時頃、好きなポイントに入っていた2人組の先行者が移動。
もちろんこちらも即刻移動、釣れても釣れなくても、今日はこれで納得だ。

朝のうちは風も弱く#6のシングルでフリフリ。
ダブハン全盛にあって、未だにシングルにこだわっているのは、
乗り換えのタイミングを逸したのもあるけど、
シングルのインパクトの少なさと、取り回しの良さにこだわっているから。
鱒は意外に近くにいる。

8時過ぎに風と波っけが出始め、いきなり62cmのレイク登場。
IMG_0906.jpg

続いて56、53があがり、今日も釣れたと少しホッとする。
IMG_0908.jpg

これでホンマスが釣れれば完璧だななどと思いながら、
上から下までくまなく探ると…、キタキタ39cm。

根拠はないけど「まだいるな」と感じ、再び入水。
42、43、39、44を立て続けに引き出す。

IMG_0927.jpg

IMG_0924.jpg

おおー、1人ホンマス祭り開催だ!楽し~!!
午前中だけで5匹のホンマスに出会え、〆にレイク52cmを追加。
明日は仕事もあるしと、16時に早上がりして下山しました。
いや~、いい1日だったなぁ。

中禅寺湖Round1

5月3日

毎度ながらスロースタートで開幕、中禅寺湖に行ってきました。
どうにも体調が悪く、25年も通い慣れた道を間違えるし、
途中で帰りたくなるしと、散々な深夜のドライブ。
這々の体で現着したのが朝6時、相変わらず遅いなぁ。

入ったポイントはカマキリ。
選んだ訳ではなく、空いてる場所に入っただけ。
ここ数年は、こんな釣り方ばかりだなぁ。
前夜から体を張って場所取りしてた頃に比べると、
ずいぶんと枯れたもんだ。

この日は全体に渋くて、周りもほとんど釣れていない。
淡々と、黙々と釣り続けること数時間、
10時ちょうどにようやく今季初もののアタリが。
案外でかいかも?なんて思いながら寄せるとギラギラ!
おお、ホンマスが初物とは縁起がいい。
無事にキャッチしたのは45cm。
ずっと沈んでいた心が、すーっと軽くなっていくのがわかった。
IMG_0891.jpg


夜には、昔からの中禅仲間たちと楽しく飲んで馬鹿話。
くたくたに疲れて、たくさん笑って、
久しぶりに中途覚醒せず朝まで眠れました。

【Someday my prince will come】

ご存じ白雪姫の挿入歌
ビル・エヴァンスによるピアノは果てしなく美しく、ロマンチック。
またマイルス・デイビスは自身のアルバムのタイトルに使ったほどの名曲。
作曲はフランク・チャーチルだそうな。



日光・中禅寺湖に姫鱒と言う魚がいる。
それほど大きくないけど、とても美しい姿と、小気味良いファイト、
そして食べては抜群に美味なお魚だ。
僕の長い中禅寺湖通いの理由のひとつは、こいつを釣ることにあった。
いつもこの曲をかけながら「お姫様まってろよ」といろは坂を駆け上り、
釣れずに打ち拉がれ、ヘレン・メリルを聞きながら
いろは坂を下っていたのは懐かしい思い出です。
今シーズンはあえるかな?
プロフィール

swing175

Author:swing175
ジャズギター修行と愛犬ジャンゴ&ステファンとの日々。

☆ライブの予定

7月30日(日)エプロンズ@柏祭り(Jazz/Blues)

9月2日(土)ササット@平井チャッチュ(Jazz)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR