最近の練習

・各コードの3度の音だけを弾く練習
・各コードの3度の音を、4度/2度でサンドイッチして弾く練習
・ボイシングの変化ででトップノートを動かす練習
・3-6-2-5(2拍ずつチェンジ)のリックの練習
・1-6-2-5でオケを鳴らして、any keyで3-6-2-5のリックを弾く練習
・マイナー2-5-1の持ちネタを増やす練習
・メジャースケールを5ポジションで弾く練習
スポンサーサイト

あー夏休みぃ

1日だけとはいえ、ようやく確保した夏休み。
未消化分は秋にまわすとして、とりあえず釣りだ。
というわけで行ってきました、房総・館山。

001.jpg


まずは初訪となる浜田堤防。
アオリイカのポイントとして有名ですが、僕は青物狙い。
イナダ、シイラ、宗田鰹あたりに会えるといいなと、
勇んで乗り込んだのですが…

釣れたのはこの方。
想定外のカンパチのお子ちゃま。
でも美味しい魚なので即〆てキープ。
しかし後が続かず。

003.jpg


殺気のない浜田に見切りをつけ、自衛隊堤防に移動。
004.jpg

こちらは足下にイワシがうようよ、そしてガラガラ。
こんだけいるなら、きっと青物もいるだろうとフライやらルアーやら
投げまくるけど鳴かず飛ばす。
昼前には早々に諦め、撤収したのであります。
つか、青物にこだわらずにイワシを狙えば良かったかも。
アンチョビ作るのにちょうど良さげなサイズだったんだよなぁ。

帰宅後、シャワーを浴びてからビールを開け、ハンモックで昼寝。
釣りして、昼酒して、昼寝して。
寂しい釣果ながらも夏休みを満喫した1日でした。

005.jpg


006.jpg

手作りマスタード

「作れるものは自作してみたい」
「市販品より手作りの方が美味しいんじゃね?」


という性分が災いして、

・出汁は必ず昆布と鰹からひく
・鶏ガラスープは圧力鍋でガラから煮出す
・ジェノベーゼソースは家で育てたバジルで作る

なんて、しちめんどくさいライフスタイルで暮らしています。
なぜ、そんなことをするのか?というと
単純に「美味しいものを食べたい」という欲求もあるのですが、
それ以上にモノが作られるプロセスを学びたいという欲求が強いから。

お金を出せばプロが作った間違いのないモノを
食べたり使ったりできて、その分の時間を有効に使うという
考え方はとても正しいのですが。
自分で作れそうなものは自分で作った方が、
モノに対する知識も増えるし、何より生活が面白いじゃないか。
と思ってしまうタイプなんですね、ワタクシ。
例えばバジル、室内で育てたものの方が、外で育てたものより
柔らかく、香りも立つ。なんてことは自分で育ててこそわかるもの。
小さなことでも実践して得た知識は、本で学んだ知識より強いのです。
それが楽しい。

ちと話が大げさになりました。
そしてこのたび挑戦したのが粒マスタード。
ちょっと調べてみると、要するにマスタードシードをお酢に漬けて
適宜つぶしただけのモノということがわかり、
これは手軽に作れるのではないかと。
早速、ネット通販でイエロー/ブラウン2種類の
マスタードシードを取り寄せてみました。

20604214_1980500408890370_2477619572515135463_n.jpg


基本的な材料は
・マスタードシード
・酢
・塩
・蜂蜜
・ターメリック

みたい。100均でガラス容器を2つ購入し準備完了。
今回は上記材料のバリエーションとして
A:ワインビネガー+ローレル
B:米酢+鷹の爪
仕込んでみました。

続く

中禅寺湖 Round4

6月10日
久しぶりの6月の中禅寺、新緑が美しい季節。
6月の釣りは久しぶりだなぁなどと思いながら、
今期4回目のいろは坂を駆け上がってきました。

かの地での5月の釣りは、毛針を遠投して引っ張る釣り。
しかし6月は水温や食性の変化、釣り人のプレッシャーなど、
複合的な要因で引っ張りでは釣りにくくなる季節。
私が苦手としている、浮かせて待つスタイルが求められる時期だ。

image1.jpg


今回はのんびりした釣りになるだろうと、
くるまやさんを見習い途中のコンビニでビールを買ってポイントへ。
友人Sと現場で合流するも、風吹かず日差しはきつい。
「こりゃあダメだ」と朝6時過ぎからビールを空け、湖畔で朝寝。
すると水死体というポイントに入った友人Hから
こんな写真が続々と…
気持ちは焦るが水中からはなんの反応もなく、時間ばかりが過ぎていく。

止水での浮き物の釣りは屈斜路湖で
それなりに経験しているけど、わからないことばかりだ。
20年以上この釣りをしているのに、まだまだだなぁ。
魚を見つけて釣るサイトフィッシングが得意な人、
常に新しいメソッドを模索してトライ&エラーを繰り返す人。
周りにはすばらしい腕を持つ人が多く、
参考にできることも数多あるはずなのに。
なかなか自分の得意分野から脱却できないのは大きな反省点。
という反省を胸に、今回も完敗を喰らったのであります。

image2.jpg


というわけで、今年の中禅寺湖はこれにておしまい。
今年も事故無く、楽しくすごせてよかった。
ありがとう、中禅の神様。
これから夏に向け、のんびり渓流と海で遊びます。
あ、音楽活動も、釣りで遅れた分しっかりやらなきゃ。
目標がいっぱいあるって嬉しいなぁ。

中禅寺湖 Round3

5月21日

「ああ、今日もやっとるわい」
カウントダウンの最中、空を見上げると、
カラスとトンビが喧嘩の真っ最中。
調べてみるとモビングという行動らしい。


この2羽の空中戦は眺めていて実に興味深い。
たいていの場合しつこく攻撃するのはカラスの方。
トンビは面倒くさそうにそれをかわし、時に威嚇する。
でも、お互い本気は出してないようで、大事に至ったり
墜落したりしたのは見た事がない。

カラスが賢いのは周知の事実だが、
岸に置いた釣り人の鞄の中に入ってるお弁当も狙ってくる。
ベルクロで止めるくらいの簡単な袋だと、
やつら器用に鞄をあけ食料を失敬していくのだ。
立ちこんでいる釣り人は、早々に陸に上がって来れないことを知っているみたい。

トンビもなかなか図々しくて、以前石川県の観光地で
イカ焼きを食べながら歩いていたら、
急降下してきたトンビに手に持ったイカを奪われた事がある。
友人にも同様の経験をした人がいるようだ。
春先に中禅寺湖に出かける機会があったら、
国道120号沿いの湖畔で、ぜひ空を見上げてみてほしい。
きっと彼らの空中戦が見られるから。

ああ、鳥の話題しか書く事がない。
察してください、ネタがないんだもの(涙)。

IMG_0952.jpg


前日より続く夏日だった5月21日、丸山。
非の打ち所がないピーカン。
湖畔にはセキレイが遊び、空では空中戦。
実にのどかだ。
水中ものどかなもので、鳥を眺めて終わった1日だった。
完膚なきまで叩きのめされ、16時に下山。
久しぶりにはげまくった1日でした。

おしまい。
プロフィール

swing175

Author:swing175
ジャズギター修行と愛犬ジャンゴ&ステファンとの日々。

☆ライブの予定

9月2日(土)ササット@平井チャッチュ(Jazz)
9月23日(土)ササット/エプロンズ@四谷ソケースロック(Jazz/Jump&Jive)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR